• 総合受付 03-5655-7509
  • お問い合わせ
ブログ

営業所ブログ

懐かしい顔と、そのつながり

こんにちは。入浴の北條です。

 

先日、ほとんどのスタッフが事務所から出てしまい、ひとり事務所に取り残され

ぽつーんとひとり定期訪問用のチラシを作成しておりましたところ…

 

外から、以前北條になる前、現場で使っていた名前で呼ばれ、外を見るとこちら

に手を振る人物。

 

え?誰々??

 

日の光が強く、ブラインドが半分閉まるような形だったため、しばらくジーっと

見ていた所、見覚えのある顔!!

 

えええええっ!! 数年前まで金町の訪問入浴を手伝ってくれていた

派遣の看護師さん2人でした。

 

何て懐かしい顔( *゚Д゚)!!?これはびっくりー

 

話をきくと、2人で金町に来てご飯食べて、事務所に行ったら知ってる人

まだいるかなぁ?と思ってダメ元で来てみたの。との事。

 

実際、私1人しかいなかったわけですが、おふたりとは沢山現場をご一緒させて

もらいましたし、学ぶことも多かったので、再会を懐かしみ、しばらく思い出

話に花を咲かせました。

 

今では、当時のメンバーもほとんどいなくなり、2人が知ってる人は数人に

なってしまったけど、こうして何年も前のことを懐かしく思って訪ねて

来てくれるのはとても嬉しいことですね。

 

特に、派遣の看護師さんというのは1日ごとでの依頼で来て頂いているため、

お互いの働きやすさや、条件が合わないと長期間一緒に仕事をすることは

出来ません。

 

利用者様と距離感が近い看護師というポジションは、いい意味でも

悪い意味でも利用者様の安心や、気持ちを左右する存在でもあります。

会社としては、いつも慣れた看護師を現場に送りたいわけだし、

責任という面でも常勤の看護師であるほうがいいに決まっています。

 

ですが、実際に私を含め我々ケアエイドを確実に育てるのは、

実は派遣看護師なんですよね。

 

いつも、常勤の看護師が何をしているのか?

どういった所に気を付けないといけないのか?

常勤がいない中で自分がどう動くべきなのか?

 

一緒に現場に出る派遣の看護師さんと、その日の現場を安全と

安心をもって終えられるようにいつもと変わらないサービスにするために、

一生懸命考え、行動をする。そのスキルがぐっとUPするのです。

 

そうはいっても、派遣看護師さん自身も人間ですから、不安もあれば

看護師としてのプライドもあって、色々な方がいます。

 

派遣で来たからといって、ああしてください!こうしてください!

と上からの指示出しのような言い方や、使い捨てのような対応だと

次につながりません。

 

派遣の看護師さんだって、何度も続けて来てくれる方の方が、

お互いにとっても、ご利用者様にとってもいいのです。

 

 

金町入浴には、何年も続けて来てくれている派遣看護師さんもいます。

それは、先輩スタッフ達がいい空気づくりをしてきてくれたから。

 

そういう繋がりって、大事だと思うのです。

 

我々もそうですが、それぞれの生活の形のなかで、派遣という働き方を選んで

みんな来られています。

 

色々な事情でずっと来てくれていた人が去っていくこともあります。

 

でも、それでも一緒に汗を流して、ひとつひとつの現場、ひとりひとりの

利用者様の事を考えて仕事をしたことを

「良かった。働きやすかった!楽しく働けた!」

 

と思ってくれる方が沢山出来て、また来たい!今はもう来られないけど、

また会いたいね!!

 

と思ってくださるような関係性をつくっていけたら。

 

 

そういう思いを持ちながら、次に繋げていける関係性づくりを日々、

後輩達には目指してほしい

 

そういう、ラック金町訪問入浴の空気を保っていってほしいなぁ…と

 

今日改めて思わされたのでした。

 

 

 

 

今日訪ねて来てくれた、Wさん・Oさんありがとうございましたー(*^_^*)